~介護に置いての正は誰が決める?~

明けましておめでとう御座います♪

新しい一年のSTART。

 

2015年もどうぞ

宜しくお願い致します(^-^)

 

今日は初仕事でした。

大好きな仕事でも

いざ出勤となると少し憂鬱でしたが(笑)

 

そうならないよう、

仕事で履くクロックスを おnewにし、

心機一転、テンションを上げて出勤しました♪

 

が、出勤するとギリギリ(;´д`)

上司が出発の準備をしてくれていました・・

 

そんな私の(友達にも言われた)

今年の課題の一つは

 

『少し焦る』

 

これです(´・ω・`)

 

よしっ。

のんびり屋を少し改善する様にしよう!

 

で、本日の利用者様

年明けの初風呂と言う事もありまして・・

 

皆様、凄く気持ちよさそうに

入浴して頂けました(^-^)

 

しかし、いよいよラスト一件で

本日の業務も終わるかと言う頃~

 

急遽、お風呂に入れて欲しいと

ケアマネさんから一本の連絡が入りました。

 

血圧50台。もういつ亡くなっても

おかしくないといった状況の方。

 

今すぐにでも

向かいたい気持ちはありますが、、

他の利用者様もいらっしゃるので

そう言う訳にも行かず、、

 

一番最後の利用者様の入浴を終え、

出来るだけ急いで ご自宅に向かいます。

 

道中の車内で、

看護師さんがある質問をしてました。

 

「入浴中に亡くなった場合、どうなるんですか?」

「そんな状態で入浴していいんですか?」

 

看護師さんの立場からすると

今すぐ亡くなっても

おかしくない様な状態の方を

 

お風呂に入れると言った事に

少し抵抗もあり、医療に携わる者として

不安だったと思います。

 

そこで上司が答えた事は

「もしかしたら入浴中に

亡くなる可能性もある事を

家族様も理解しています。

僕らが出来る事はAさんの人生で

最期になるかもしれない

入浴を提供する事だけ。

だけど、そこには家族様の思いがあって。

それでもいいと。

本人様が意思疎通も取れない状況の今現在、

最終的に判断されるのは家族の方やから・・

僕らは家族様の思いを受け入れるしかない。」

 

上司のこの言葉を聞いて、

看護師さんはどう思ったかは分かりませんが。

 

私の中で、

本当に良いお風呂の時間を提供したい。

と思う気持ちが更にこみ上げてきました。

 

—訪問予定時間19時半頃~—

 

到着時間19時過ぎ。

Aさん、待ってて下さいました。

 

ご家族の方も涙目で、

最後の気持ちを語って下さいました。

 

上司がもう一度

“入浴中に亡くなる可能性もある”

と言う説明をし、、、

 

全ての方の思いを乗せて

入浴がスタートです。

 

娘様がお母様の身体を洗います。

過去にも幾度となく見ているこの光景。

 

でも、

この光景を見ると、

涙をこらえるのが辛いです。

 

この光景を見ると、

一つの映像が私の脳裏に映し出され、

毎回思う事があります。

 

ご自分のお子様が赤ちゃんだった頃、

親である方々は愛情や

色んな気持ちを注ぎながら

我が子をお風呂に入れていたんやろうな。。

 

何年、何十年と経って。

その時とは逆に

お子様達が親の身体を洗ってる。

 

どう言った気持ちなんやろうか・・

 

そしてこの時、

私が掛ける言葉があります。

 

「○○さん、今 娘様がお身体を洗って下さっていますよ♪」

 

正直、本人様の意識レベルが

どこまであるのかは分かりません。

 

もしかしたら

もう・・理解する力もないかもしれません。

 

だけど、聴覚は最後の最期まで

保たれていると言います。

 

伝えずにはいられません。

 

身体に触れる手の温もりや感触。

きっと伝わっているハズです。

 

今、身体に触れているのが

私達スタッフではなく、

 

その方が一生懸命育てて来られた

お子様達であると言う事を

 

感じて欲しい。

知って欲しい。

伝わって欲しい。

 

どんなに私達が最高の時間を提供しようが、

どんなに私達が心を込めた入浴をしようが、

 

その方にとって、一番大切な

「家族の絆、時間」

に勝るものはありません。

 

各、家族が築き上げてきた

それぞれの家族のストーリーがあります。

 

その思いを大切にする事。

それしか私には出来ません。

 

何が正しいのかも分かりませんし、

もっとこうしてれば良かったと

後で思う事もしょっちゅうです。

 

お風呂に入ったから

身体に負担がかかり死期が早まった。

 

お風呂に入って

キレイな身体で逝く事が出来ました。

感謝しています。

 

私達のその時の精一杯の思いを

残された方々がどう捉えられるか?

 

それもわかりませんが、、

 

けれど、後で頂く言葉は

この仕事をしてきてから

後者の様な言葉しか聞いた事がありません。

 

全ての方の思いを乗せて・・

お手伝いさせて頂き。

 

どんな結果になろうとも

「人生で最期のお風呂に入る事が出来て良かった」と。

 

感謝の気持ちを頂ける事。

その気持ちにまた感謝し、

日々、成長させていただいてるのかもしれません。

 

改めて思う。

この仕事って素敵やなって。

 

Aさんの死亡報告を

近々聞く事になるかと思います。

 

こうしとけば良かったと

私自身はやっぱり少し

悔いが残りましたが・・

 

Aさん、娘様の

表情や言葉を思い返すと

あれで良かったんだと。

そう思えます(´-`)

 

何が正しいかとか

何が間違ってるかとか

基準がある様でない介護の仕事。

 

何が基準で

正しいのか?間違ってるのか?って

 

最終的には

本人様や家族様の

気持ちなのかもしれませんね( ´▽`)

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

 

長々とお付き合いしていただき

有難うございました(^-^)

宜しければ応援お願い致します☆

スポンサードリンク

“~介護に置いての正は誰が決める?~” への4件のフィードバック

  1. けんたろう より:

    初めてコメントさせていただきます。

    読んでて、涙が出そうになりました。
    最後になるかもしれない入浴・・・

    <ご自分のお子様が赤ちゃんだった頃、

    親である方々は愛情や

    色んな気持ちを注ぎながら

    我が子をお風呂に入れていたんやろうな。。>

    確かに、何が正しいのかわかりません。
    ただ、もし自分だったら、このようなとき、
    単なる仕事と割り切っているような人に
    最後のお風呂に入れてほしくはないです。
    思いを受け止めてくれる人に
    お世話になりたいと思うことだけは
    確かだなと思います。

    • meru より:

      けんたろうさん 初めまして(*^^*)
      コメントありがとうございました。
      気付くのが遅く返信遅くなり
      申し訳ないですッ(*_*;!!

      そう!!
      そうなんです!!

      私も、けんたろうさんと同じで
      自分や自分の大切な家族が
      この様な場面の時に、
      『単なる仕事』と割り切ってる方に
      人生最後のお風呂に入れて欲しくないです。

      割り切らなきゃいけない時もあるかもだし、、
      感情が入りすぎるのも
      駄目なのかもしれないですが、、

      本人様や、ご家族の方の気持ちを大切に。
      少しでも寄り添える気持ちは持っていたいです。

      凄く嬉しいコメントを
      ありがとうございました!

      けんたろうさんも何か
      介護に関わるお仕事をされてるんでしょうか?

      もしそうだとしたら、
      けんたろうさんと関わる利用者様は、
      本当に良い方に巡り会ったなーって思います。

      違ったらすみません(;^ω^)
      それでも、

      『もし自分だったら』

      と、相手の立場を自分の立場に置き換えて
      気持ちを考えられるけんたろうさんは

      どんな職業に就いていても
      やっぱり、心あるお仕事をされる方だと。
      そう感じました(*´▽`*)

  2. ひすい より:

    日本人にとって お風呂は 特別なもの。 最後にゆっくり入れる…って、きっと幸せだと思うなぁ。
    改めて メルのお仕事の素晴らしさ感じます。
    読ませてくれて ありがとう
    (*^▽^*)

    • meru より:

      ひすい( ^^)
      返信も遅く更新もまちまちな私のブログを
      いつも『読ませてくれてありがとう』と。

      そう言ってくれてありがとう。
      読んでくれてありがとう。

      ひすいの様に
      私がやってる仕事を素晴らしいと言ってくれる方が
      一人でも増えてくれたら、凄い嬉しい!!

      いつも離れた場所から
      身近な気持ちで応援してくれるひすいに
      ホンッマに感謝してる。

      何回も言ってるけど
      これ以外の言葉が出てきません。

      いつもホンマにありがとう(´▽`)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ