私も感情ある人間。腹立つ利用者さんに心のある介護なんて出来ない

言い方は悪いかもしれないですが、
自分の中で、いわゆる好きな利用者さんと、
そうでない利用者さんといます。

好きな利用者さんはさておき、
そうでない利用者さんとは、
具体的にどういう人なのか?

※自分の要望ばかり押し通し
文句ばかり言う。

※暴言、又は暴力をふるう。

おおまかにこんな感じの方達。

うーん。
好きかそうでないかなんて、
もうね、利用者さんというより、
人としてってどうか?

って話になってきます(;´Д`)

好きな方には自然と会話も弾み、
楽しくいい雰囲気で
一時間がアッと言う間に終わる。

逆にそうでない利用者さんは、
訪問する前から憂鬱になります。

「行きたくないな・・」って。

認知症状あり、暴力あり、独居女性

暴言、殴る、蹴る、叩く、つねる、
物を投げてくる、、、
とにかく激しく抵抗するAさん。

無理はするなと言われているけど、
汚れているので出来れば着替えもしたい。

身体も拭いたりしたいが現状、
一人でそこまでするのは厳しい。

しかし、その中でも仕事として、
最低限のこと(おむつの交換)は
しないといけません。

ホント毎回必死。

一瞬でも気を抜くとコチラが
この様にヤラれます。
↓↓↓
あざ

(※これはマシな方でほんの一部です)

なので他の方にするように
“普通におむつの交換をする”
といった事が出来ません。

多少、強引に力ずくで
Aさんの手を押さえながら
やらないといけなかったり・・・(*_*;

本当は嫌ですよ、こんなやり方。
でも仕方ないんです・・・(´;ω;`)ウゥゥ

こうしないと、
おむつの交換も出来ないどころか
手や足や物が顔をめがけて飛んできます。

私も自分の身を守らないと。

正当化する自分と罪悪感のある自分

「やめんかい!しばくぞー!」
「殴ったろうか?」
「顔、蹴り飛ばしたろか!」


「・・・・・・・」

この時、私は無視してるんじゃなく
利用者さんに言われたこの言葉に
何て返答していいのか分からないだけ。

と良い様に言ってますが、
第三者から見たら
無視していると捉えられるかもしれません。

「しばくぞー!」

と、興奮状態のこの方に

「やめて下さい!」や
「そんな事言わずに・・」

等と言った所で通じる訳がない。

利「しばくぞー」
私「はい、どうぞー」

これもおかしい。

そもそも、認知症状が出ている方に対して

“通じる訳がない”

と、こんなことを思っている時点で
私はこの方に対し、人としての尊重を
していないんじゃないか?

この方に対しての対応は
すべてが虐待になってるんじゃないのか?
って気がしてくる。

「これって虐待になるのかな?」

と毎回、複雑な気持ちになりながら
業務は進んでいきます。

淡々と業務を進めます。
淡々と進めて行く自分がいます。

ただただ、業務をこなす的な
そんな感じになってしまっている。

私が利用者さんに
殴られたりつねられたりした時は、
流石に心ある介護は出来ません。

心広くないですもん。
腹立つ気持ちありますもん。

声かけをするも、
腹立つ気持ちがある人に対して

心ある声かけは多分・・出来てない・・と思う。

ダメなのは百も承知

私もいつか誰かのお世話になる時が来る。

利用者さんも、この状態に
なりたくてなった訳じゃない。

私も嫌なことされたら全力で抵抗する。

嫌って言ってるのに
嫌なことをしようとしてる私に対し、
怒って抵抗するのが当たり前やんな。

と、

このことを理解しすべてを踏まえても、
腹立つときは腹立ちますし、
正直、対応も少し荒っぽくなります。

心の中で
「くっそっ!!(`・ω・´)」
って思うんですよ。

心の中で
「ジッとしてよっ!(-””-)」
って思ってしまうんです。

利用者さんに対しイライラします。

もっときつく
手を押さえつけることが出来たら・・。

紐などで固定出来たら・・。

こんなことも想像してしまう。

そして最終的に介護現場において
実際に虐待が行われる理由と
虐待をしてしまう人の気持ちがわかります。
(※人の命を奪うこと以外)

私も利用者さんと同じ人間。
色んな感情があります。

決して綺麗事だけでは
この介護のお仕事は
出来ないと思うんです。

腹立つのと嫌いは違う

利用者さんに対して腹立ったり、
ムカついたり、憎たらしく思う事もある。

虐待をする人の気持ちも分かるし、
妄想では虐待をしてるイメージもします。

でも「嫌い」とはまた違うんです。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

感情をコントロールできず
今にでも「虐待をしてしまうかもしれない」
と相談してきた私の友達と私で違う部分、

それは私の心には
“まだ余裕がある”ということ。
かもしれません。

今日は長くなってきましたので、
この辺りについてはまた
次回の記事にて更新します。

コメントやブックマークへの登録など
ありがとうございます(*^-^*)

それではっ!おやすみなさい☆

スポンサードリンク

“私も感情ある人間。腹立つ利用者さんに心のある介護なんて出来ない” への2件のフィードバック

  1. ナイト より:

    おはようございます!
    通勤途中で のぞきに来ました。
    青アザ 見事ですねー笑

    優しくいつも明るいメルさんでも この様な事があるんですね。正直なところ ホッとしましたし ものすごく共感しています。僕も 暴力や暴言 良く受けてます笑。
    相手は 認知症 病人 独居で寂しいだけ等と 自分自身に言い聞かせて 感情を抑えていますが….
    確かに 嫌いと腹が立つは 違いますね。そこも共感です。虐待問題は なかなか深い問題ではないでしょうか..世間と現場では 感じ方が違うでしょうから….
    今日も 心でケア出来る様に 頑張って来ます!

    • meru より:

      こんばんは、ナイトさん。
      いつもコメントありがとうございます。

      今回は虐待の記事でしたので通勤途中、
      朝から暗い気持ちになりませんでしたか(^-^;?

      青アザ・・
      まるで私が虐待されてるみたいですよね(+o+)汗

      虐待に対するイメージや印象は、
      ナイトさんのおっしゃるように
      介護の現場を知らない方と、
      実際に現場で働く人とで感じ方が随分違うんだと思います。

      「現場ってこんなに大変なんだよ」
      「だから虐待が起きても仕方ない部分もあるんです」

      とは言いませんし、
      虐待を肯定してるのではないですが、

      私も一人の人間。感情を抑える事は出来ても、
      感情を「無」にすることは出来ません。

      せめて心の中で「クッソ!」と思う時があるぐらい
      大目に見てもらっていいんじゃないでしょうか(^^;)

      んー、、、ホント難しい問題ですね(;・∀・)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ