~お前は俺の彼女~

介護の仕事をしていると、差をつけてる訳ではないけど

1 自分が接しやすい方

2 タイプ的に苦手な方

(どう接していいのかわからないって方)

が正直います

 

1の自分が接しやすい方はもちろん

沢山コミニュケーションを取ります

 

2のコミニュケーションを取りにくい利用者様には

1の利用者様以上に、コミニュケーションを取ります

 

『どうしたら、この方は心を開いてくれるんやろ?』

って考えたら、自然にコミニュケーションを取っている

と言った感じです

 

今日は、心を閉ざしまくり

頑なに拒否のあった利用者様から

今では、絶大なる信頼を得たお話をしたいと思います

 

Tさん 現在83歳 男性

出会いは3年半程前~

初回で訪問した際、私達3人に向けられた第一声は

 

『帰れ帰れっ!風呂なんかいらんっ!!』

 

結果的に、お風呂には入って頂けたものの、

それ以後、2回目訪問時は

『この不細工が!』

と乙女心を傷つけられ(乙女でもないけど)

唾をメッチャかけられ(飛距離短く、全然届かなかったけど)

そして3回目訪問時

蹴りが飛んで来る・・(上記同文)

風呂に入ったせいで風邪ひいたとクレームが来る等・・

 

そんな感じで、全く心を開いてくれませんでした

そこで私がした事、どの利用者様にもしている事

“相手の事を知る”・・これはもちろん、もう一つ

“自分の事を知ってもらう”です

 

『私は○○さんの事を知って行きたいし

○○さんにも、私と言う人間が

どんな人間か知って行って欲しい』

この気持ちを、そのままストレートに言います

 

こう言う場面の時は、聞き役に回らず

一方的に、自分の気持ちを語るとゆー・・

 

介護における

基本な姿勢を無視しまくり

( ̄▽ ̄)ウフフ

 

だけど、これが何故か、結構真剣に聞いて下さります

 

それから暫くして、ある日を境にTさんの態度

他のスタッフには変わらず、私にだけ激変しました

 

『俺はお前の優しいとこに惚れた』

『お風呂に入らんでも

お前が来て、笑顔を見れるだけでエエ』

『俺がしんどくても

お風呂に入るんはお前に会いたいからやで』

『お前に会われんかったら死んでまうー』等と

 

ちょっとドキドキ感隠せない言葉を言ってくれます(*´д`*)

 

そして、指名を受けて専属でお伺いし

私がお休み等で、お伺い出来ない場合は入浴拒否

 

心を開いてくれなかった利用者様こそ

心を開いてくれた時の信頼は絶大な気がします

 

因みに、今現在

T  『メル~(私の下の名前) 俺、お母ちゃんおるけど

お前は俺の彼女やで。他の男に浮気したらあかんで』

 

なんと彼女に昇格(^^;)

 

『エー、でもTさんは奥さんいるじゃないですかー

だから私も結婚していいですかー(//∇//)?』

T 『アカンアカンっ!お前はアカン!俺はエエねんっ』

 

男の人って・・( ̄▽ ̄)

 

私 『じゃあ、私、何番目の彼女ですかー?』

 

 

 『3番目や』

 

なるほどね(・∀・)

・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・

 

3番目かいッッ 

(゜Д゜;)ノノ

 

あんなに惚れたや晴れたや言うてたのに

一番ちゃうんかいな・・(ーー;)

 

と、まぁ

こんな感じで、今ではワイワイ楽しくやってます♪

 

 

読んで下さって ありがとうございました☆

宜しければポチッとお願い致します(。・ ω<)ゞ

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ