~一粒の飴から広がる優しさの伝染~

病院に行った時の事。

風邪がひどく咳が止まらなかったので、他の人の迷惑になると思い外に出ました。その時、一人の女性が病院から出てきて(多分50代後半~60代前半ぐらいの方)

『これ、どうぞ。少しマシになるかもしれんから』と飴を一粒くれました。全然見ず知らずのその方は、私があまりにも苦しそうだったので、わざわざ出てきてくれたらしいです。飴の効果と、その方の優しさに触れスッと楽になった気がしました。

たった一粒の飴で、こんなにも人の温かさを感じる。こんな優しさもあるんやって(^-^)

だからって訳じゃないけど、もし今後どこかで同じ状況の人が居たら、私も、あの時の女性の方と同じ事をするだろうと思う。それが誰かに伝わり、また違う誰かに伝わって行く・・

この小さな一つの優しさが伝染して行って、あらゆる場所で優しさが溢れかえる世の中になるといいな(*´ω`*)

 

読んで頂き、ありがとうございました☆宜しければポチっとお願い致します( ´ ▽ ` )

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村;

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ