介護支援専門員実務研修 前期終了

介護支援専門員実務研修の2日目、3日目を終えました。感想なんかを書いていきたいと思います。

この日から個人演習とグループ演習が入ってきました。会場に到着し指定された座席に座ります。今回、私が座った席は5人席。

初顔合わせ/メンバー紹介

まずは皆さん初対面という事で軽く自己紹介を。

「メルと申します。現在、訪問入浴で働いていています。今朝はお腹が鳴らないように朝ごはんをいっぱい食べてきました!よろしくお願いします!」

緊張のあまり、言わなくてもいい余計な一言を付け加えてしまいました。内心バクバクです。

で、他のメンバーは次の通り。

女性Aさん(サービス提供責任者)女性Bさん(精神保健福祉士)男性Cさん(相談員)男性Dさん(臨床心理士)とこんな感じ。

ウ~ン・・なんとなく豪華なメンバー。こんな人達と一緒にグループ演習なんて出来るんかな・・・・??私だけマグレで合格した感あるんですけど・・(;´・ω・)って不安になる。

しかし、よく考えてみると逆にこの豪華なメンバーなら、意見交換の際にとても素晴らしい意見が出たり♪

発表の時なんかにゃあ「僕が(私が)しましょうか?」てな具合に進んでやってくれるリーダー的タイプな人がいる可能性も高いかも!!

私、人前で意見や説明するといった行為が大の苦手・・。なので、ここは他の人にすこーしばかり甘えさせてもらいマショかネ( ̄▽ ̄)

と、この時点で、もはやゲスな気持ちがこみ上げてた訳です。

時の流れと共に

初対面でぎこちない雰囲気の年齢も職業もバラバラな5人でしたが、次の日にはこうなりました。

↓↓↓

2日目研修開始時→ぎこちない雰囲気の5人→昼食後→少し緊張もほぐれ和気あいあい。

3日目朝→笑いが起きたり、お互いの職場の話をしたり。愚痴とかも出ちゃったりネ→昼食後→ついにあだ名で呼ぶ仲に。

凄く雰囲気が良くなってきてる。皆さんと話せば話すほど、普段の仕事に対する姿勢や気持ちが見えてきます。

他のグループもきっと良い雰囲気なんでしょうけど私、このグループで本当に良かった(*´▽`*)

各グループごとの特徴/〈例〉グループAの場合

この2日間、「あぁでもない、こうでもない」と与えられた資料について色んな角度から話をし、グループで議論をしてきた。

そして議論をした結果をグループごとにまとめ、それぞれ発表する時、一つ気付いたことがあります。

それは、“他のグループは毎回、大体同じ人が発表をしていた”という事。勝手な想像ですけど恐らくこんな感じなのかな?

↓↓↓

ザワザワ・・

Aさん「誰が発表します?」
Bさん「どなたかやりたい方いますか?」
Cさん「ジャンケンで決めますか?」
Dさん「じゃあ僕が(私が)やります」
全員「すみません、お願いします!」

こんなに大勢の人前で発表するという大きな役割をサラッと進んでやってくれるリーダーシップをとれる様な人材が少なからず一人はいたのではないかと考えられます。

そして私のいたグループ。2日間,同じ時間を過ごし・・現実から目を逸らしながらも、薄々と感じていたのですが・・・

全員が揃いもそろって消極的。

実際こんな流れでした。

私のいたグループBの場合

※パターン1※

ザワザワ・・

Aさん「誰が発表します?」
Bさん「Cさんどうですか?」
Cさん「無理無理無理っ」
Aさん「メルさんはどうですか?」
私   「私の発表によってこのグループがレベル低いって思われてもいいですかネ?( ̄▽ ̄;)うぅ」
Dさん「あー、どうしましょう。時間がないです」
講師の方「はい、終了してくださーい」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※パターン2※

ザワザワ・・

Aさん「誰が発表します?」
Bさん「ジャンケンで決めますか?」
Cさん「全員でせーので指さします?」
私     {完全に固まりチーン状態。。。}
Dさん「もうこの際、手をあげないで影になることに徹しマショ!」
全員
(声を揃えて)「そうシマショ( `口´)ノ !!」

ヤレヤレ♪まっ、チームの意見、気持ちも一つにまとまったし♪意見発表することもないし♪後はこのまま存在感を消してー。影となってー。さてとっ。お気楽に行きますか♪

はぁ~。居心地良すぎ~~(*´Д`)

はぁ~。このぬるま湯サイコ~~(*´Д`)

 

・・・・・・・・・・・・・

うん。これ多分あかん(-ω-)いや、もう絶対にあかんやつやんコレ。

私に至っては全く話にならん。

居心地いいとこにいてもダメ。あえて自分に厳しくしないとっ!!

てことで考えてみる。私は一体何をする為に今この場に来ているのか?答えはもうわかってる。そしてそれは多分、私以外の他の方も全員わかってるはず。

ホッとした瞬間って無意識に表情に出るのかな

次回の研修では今回とはグループが変わると言う説明がありました。これには会場もどよめきます。そりゃ皆さん、せっかく慣れてきたメンバーと一緒がいいですよね。

私も出来ることならこのグループのままがいい。居心地もよく、皆さん優しくて良い人ばかり。勿論、寂しい気持ちもある。

でも、その気持ちと同時になんとなく私の心の中でホッとしたと言うか、何て言うか・・ちょっと今よりも厳しい環境に身を置きたかったと言うのかな。

正直「良かった」って気持ちがありました。多分、このままのグループだと、優しい雰囲気な中、全員が何も得ないままなんとなく研修が終わってしまう。。。

そんな事を心の中で思いながら周りの反応を見てみると、他のメンバーも「エーー!?」と驚いてはいたけど、そんな言葉とは裏腹に、メンバー全員がホッとした様な表情になった気がした。

そして誰一人「このチームで後半もやりたかったね」といったような事は言わなかった。

きっと、全員が感じてた気持ちは同じやったんかな・・・?

遊びに来てる訳じゃないんだから。不安な者同士、気持ち分かり合ってコソコソしてる場合じゃない。ケアマネの資格を得る為の研修を受けに来てるんだから。

私は正直、、、周りの人が全員、責任者さんやら○○士的な、何となく自分の中で格付けされたような豪華メンバーに気後れしてた。

みんながグループ内で感じた事を的確に意見して。訳わからん専門用語も出てきて。

「私、こんな感じで ケアマネとかなっていいんやろか?」って不安になってた。だから結果、小さくなっていたんだと思う。

だけど、サ責の人も○○士の人も皆、この研修自体初めての経験。自分だけじゃない。

私だって、マグレで合格したんじゃない。精一杯努力した。消極的にならずこの場にいることをもっと胸張って堂々としててもいいはず。

もしケアマネになったとしても、こんな研修はあまり意味はないかもしれない。結局は場数を踏み、現場で経験を積み重ねていくことが大事なのかもしれないけど・・。

それでも、努力して試験に合格して・・そして「このしんどい研修を得てケアマネになったんだ!」っていう初心をいつまでも忘れたくはないなぁ。って思う。

こんな機会、経験ってなかなかないから。残されたあと数回の研修を楽しみつつも、心に残せるような内容に自分自身で作りあげて行きたいです。

そう思ったら「嫌やな・・苦痛やな・・」って思ってた研修も少し楽しみになってきました。

とりあえず、前半でグループが一緒になった皆さん!ありがとうございました!

今回の出来事で気付けたこと、反省したこと、これも私自身の成長。

このグループでは出来なかったけど、次のグループではお互いに積極的に色々と取り組んで、自分の良い所をどんどん発揮して「おっ♪○○さんが発表してるやん(*^-^*)♪」って光景が見れたら素敵やなって思います。

でもやっぱり私は進んで発表しないですけどネ・・・(;’∀’)ほほ。

 

さぁ!介護支援専門員実務研修を受けてる皆さん!後半も頑張りましょーね!あと少しです!

 

最後まで読んで下さりありがとうございました。宜しければポチっとお願い致します(‘◇’)ゞ

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ